脱毛選び

なんで脱毛を考え始めたかはですね、大人になったから!

中学校や高校の時にはほったらかしでしたが、大学で自己処理デビュー。

社会人になって電気シェーバーを使っていましたが、この毛との戦いに「もう結構!」ってなったんですよぉ。

デリケートゾーンという言葉がなかった頃から、可愛らしい下着は市場に出始めてました。

それを身につけるためには、ムダ毛処理は不可欠です。

カミソリで剔っていると、生えてくる毛で自分の肌を痛めてしまいます。

痒くてたまらないし毛穴の一つ一つが赤くブツブツになるしで、苦痛でたまらないんですよね。

かゆみを止めるためにかゆみ止めを塗るのですが、それが効かなくなってステロイド軟膏を使うようになりました。

その期間が長かったので、ステロイドも効かなくなりましたし、色素も沈着してしまったんです。

その頃はステロイドの害というのがそこまで浸透していませんでしかたか、ニキビにステロイドを塗っていた子もいるぐらいだったんですよ。

いまではステロイドを多用するれば、無知すぎるにも程があるといった感じですが、当時はステロイドが万能薬のように一般的には言われていました。

でもだんだんと副作用に気がつき始めるんですよ。

そこでステロイドをやめて、除毛クリームを使うようになりました。

除毛クリームであれば次に生えてくる毛がチクチクしませんし、肌を荒らすこともその当時はありませんでした。

体質が変わり、いよいよ永久脱毛に興味を抱き始める。

女性って、体質が変わる時期が男性よりも多々ありますよね。

生活環境や習慣、年齢で変わります。

突然でしたが、その除毛クリームでアレルギーが出るようになってしまいました。

もう除毛クリームも、使えなくなったのです

ワックスも試しましたが、自分で使うと皮が剥けてしまうときもあり、それも色素沈着の原因になります。

針脱毛による永久脱毛もぼちぼち知名度が上がっていましたが、かなりの金額。

ワキもデリケートゾーンのムダ毛も、同じような感じで肌を荒らしていましたので、両方したいという希望はいつでもありました。

あとは値段次第という感じだったのです。

カミソリもダメ、除毛クリームもダメ、ワックスもダメなんですから、電気シェーバーのお世話になるしかありません。

たしかにチクチク感はありませんが、カミソリと同じように、すぐに生えてきてゴマ塩のようになるんですよね。

ムダ毛処置は苦痛な習慣でした。