医療機関との提携

医療機関ではないので、医療処置によるケアが出来ない。

万が一の時に何もしてもらえない。

そのことから、医療機関での脱毛の選択する人は多いのですが、私は「そういう事であれば医療機関との提携を行なっているエステを選ぼう」と考えました。

自分のアフターケアの悪さで肌トラブルになるかもしれませんし、エステ側の失敗の可能性もあるでしょう。

その時に病院のお世話になることもあるかもしれまいのですが、どこにいっていいのかわからないこともあります。

よく聞く話では、自分で言った皮膚科などで、先生の方が理解していないので闇雲にエステで脱毛を行ったことを罵られたとか、毛嚢炎に対してステロイドの処置ばかりされてもっと肌が荒れてしまったという「医者でありながら治療を間違えた」と言う問題です。

こっちは医師ということで安心してしまいますが、専門外であれば先生だっておわかりにならないことはあります。

また根拠なく「エステで施術するからこんなことになる」と、恐怖心を植えつけるような先生も嫌なものです。

医療機関との提携があるエステ

月々で低軽量を支払っているのかどうかはわかりませんが、多分そういう形で契約しているエステも多いのではないでしょうか。

ちょっとしたことの相談の、医師法に触れるような回答はエステではできません。

お医者さんだったらいえるんですよね。

ですからちゃんとした説明や、脱毛で起こる問題に対して精通している先生が居るということは大変安心できるものです。

問題が怒らなければそれで嬉しいことですしね。

私が「エステと言えで安ければ安いほどいい」と思っている訳ではないのが、ちょっとお値段が割高のエステはそのようなシステムが完備されていることが多いからです。

どこで経費を削って、ほかのエステより安くするか、削るところというのは限界があるはずです。

それいかの料金にまで下げているのであれば、必ず何らヒズミは出るはず。

そこを警戒したのです。

自分が考える「適正価格のエステ」を探しました。

自分自身が外せないサービスだというものを、ちゃんと把握して考慮するということですね。

一生懸命見ていれば誠意があるエステであれば、HPだけでもちゃんとある程度の経営方針などが分かるように気を使っていると思いました。